【例文あり】上京転職の理由を面接で質問された際のポイントを解説

  • URLをコピーしました!
ツバサちゃん

面接で上京転職する理由を聞かれたら、何と答えればいいんだろう?

ソラくん

回答例と、答える際の注意点を解説するよ!

転職活動を進めていく中、面接で「上京転職した理由」を聞かれた際の回答に悩む人は多いのではないでしょうか?

実はこの質問は非常に重要な質問で、回答次第では不採用になってしまうこともあります。

この記事では、上京6年目の私が人事として採用活動をしていく中で感じた、
「上京転職の理由」を聞かれた際のポイントについて解説します!

合わせて、OK回答例・NG回答例も紹介するので、回答の参考にしてください。

ソラくん

この記事に書いてあるポイントは、自己PRや志望動機にも活用することができるよ!

この記事でわかること

・上京転職した理由を上手に答えるポイント
・上京転職の理由:OK回答例
・上京転職の理由:NG回答例

この記事を書いている私は…
  • 1995年新潟県生まれ、神奈川県在住
  • 高校卒業後、地元の工場に就職
  • 将来に不安と危機感を感じながら4年半地元で働く
  • ある転機をきっかけに会社を退職し、2018年に上京
  • 5年間の営業や人事の経験を活かし、2023年に広告代理店に転職
  • 累計4回の転職を経験し、全て年収アップを実現
目次

1.なぜ面接で上京する理由を聞くのか?

①会社の志望度を測るため

企業は求職者が自社をどれだけ高く評価し、どれだけ真剣に入社を希望しているのかが知りたいです。

例えば、上京の主な理由が「特定の企業や業界で働くこと」である場合、その企業への強い志望やモチベーションが伺えます。

一方で、上京の理由が「都会の生活を楽しみたい」といったものであれば、その企業への志望度が低い可能性が考えられます。

②上京生活を続けていけそうか確かめたい

上京によって生活環境は大きく変化します。

企業は求職者が都会での生活に適応し、安定して長期間働いてくれるかどうかを判断します。

例えば面接で、「都会に来た回数」や「都会の生活コスト」などを質問することで、求職者がどれだけ事前準備をしているか、すなわち求職者がそれを乗り越えられるかを判断します。

これらの点を考慮すると企業が「上京をする理由」を求める背景には、求職者の適性や状況を総合的に評価し、双方にとって最適な採用を目指すという意図があります。

2.上京転職の理由:上手に答えるポイント

①長期的な計画性を伝える

面接では、あなたが長期的な視点でキャリアを考えていることをアピールすることが大切です。

企業は短期間で離職する従業員に投資したいとは思いません。

なぜなら、採用には時間とコストがかかるため、短期間での退職はその投資を無駄にすることにつながるからです。

一人当たりの採用コストが100万円を超えることも珍しくありません。

②嘘はつかない

転職面接において正直さは、何よりも大切です。

面接官は様々な人との面接を経験しているので、不自然な答えや矛盾する回答は見透かされると思った方がよいでしょう。

また、たとえ嘘が通用したとしても、入社後の業務や企業文化とのミスマッチから結局は自分自身が損をする可能性があります。

面接は一方的に自分を売り込む場ではありません。

面接はお互いにとって働きやすい環境かどうかを確認するための「すり合わせの場」であることを理解して、面接に臨みましょう。

ツバサちゃん

面接の時って受かりたくてつい見栄を張りがちだけど、ミスマッチが起きて損をするのは自分なんだね…

③「上京したい」より「入社したい」意思を伝える

多くの転職希望者は東京への憧れや都会の魅力に言及しがちです。

しかし、面接において重要なのは「上京したい」という個人的な動機よりも、「その企業でなぜ働きたいか」という視点です。

企業側は、候補者が単に都会の魅力に引かれているのではなく、企業のビジョンや文化、仕事の内容に魅力を感じ、それに貢献したいと考えているかを知りたいと思っています。

したがって、「上京すること」と「その企業で働きたいという意志」は明確に区別し、後者に焦点を当てる必要があります。

ソラくん

東京に憧れて上京するのは、個人的な動機としては素晴らしい。
でも、面接ではあえて触れない方が無難だよ。

その企業があなたのキャリア目標や専門分野での志向にどのようにフィットしているかを説明することで、より良い印象を残すことができます。

④不満やネガティブなことは言わない

転職の動機を説明する際には、
どんなに過去の職場や地元に不満があっても、それを直接的に批判する言い方は避けましょう。

不満が転職の動機であっても、面接ではその事実を前向きに変換して伝えましょう。

ネガティブな理由ポジティブな理由
人間関係が悪い→チームワークを重んじている
仕事が楽しくない                →自分の強みを生かして、新たな挑戦を求めている
長時間労働が辛い→生産性の高い働き方がしたい
上司と合わなかった→同じビジョンで、お互いを高め合える環境で働きたい
昇進・昇給の機会が少ない          →キャリアアップに繋がる環境で働きたい
会社に将来性を感じなかった  →急成長している会社に貢献し、会社と共に成長したい

また、もし過去に困難や挫折があったとしても、
「その経験をどのように乗り越えてきたのか」「どのようにして成長したのか」という観点から話すことで、あなたの逆境に強い性格をアピールすることができます。

3.上京転職の理由:OK回答例

下記の回答は、地方での経験を活かしつつ、上京しても変わらずに前向きな姿勢で仕事に取り組むこと、そして入社後におけるポジティブな影響を強調することを意図しています。

面接官は、上京に対する明確な動機と、その会社への強い志望動機を感じ取ることができるでしょう。

①未経験の場合

田舎での工場勤務を経て、もっと刺激的な環境で自己実現を果たしたいという想いが強くなり、上京を決意しました。

私は常に自分自身を成長させるために新しい環境や挑戦を求めてきました。
東京はそのようなチャンスが溢れている場所であり、私の専門スキルをさらに磨き、より広い視野を持って働くための最適な環境だと考えています。

特に御社は革新的なプロジェクトに積極的で、私の成長意欲とマッチすると感じています。

ソラくん

最初に自己実現への強い意欲が表現されている。

成長への積極的な姿勢のアピール東京という環境の理解企業への興味と照らし合わせもできているね!

②専門職(看護師)の場合

私は常に看護師として成長し続けたいという強い願望があります。

東京は医療の最前線であり、多くの専門的な研究や研修が行われている場所です。
こうした環境で働くことで、私自身も専門性を高め、最新の医療技術を学びながらキャリアを積んでいきたいと考えたため、上京を決意しました。

ソラくん

成長への意欲を明確にしつつ、専門性を高めるための具体的な環境についても指摘している。

最新の医療技術へのアクセスと学習の機会を重視している点から、都会でなければいけない理由を示せているね!

③営業職の場合

地方での営業経験を通じて多くを学びましたが、もっと刺激的な環境で自分自身を試してみたいと思い、上京を決意しました。

東京は日々新しいイノベーションが生まれる場所であり、そこで培われる経験は私自身の成長を加速できる場所であると感じています。

また、新たな市場やお客様に触れ、スキルとキャリアを磨いていくことで、私の成長と共に御社の成長にも寄与できると考えております。

ソラくん

過去の経験の価値を認識しており、それをさらに伸ばしたいという成長意欲が伺える。

自分の成長が会社の成長にも繋がることをアピールできている点が素晴らしい!

4.上京転職の理由:NG回答例

面接ではあなたがなぜその地域に移りたいのかという個人的な動機も大切ですが、
それ以上に、「その企業でなければならない理由」や「上京してどのように成長していきたいのか」を明確に伝えることが求められます。

NG回答例にあるような「会社の貢献に繋がらない回答」は避けましょう

①都会への憧れ

私は華やかな東京で働くことが夢でした。
一度しかない人生なので、自分のやりたいことをやろうと思って、上京を決意しました。

ソラくん

具体的な職業的目標やキャリアプランを欠いているように受け取られ、業務内容よりも場所に価値を置いていると捉えられがち。
企業が求めているのは、その会社でどのようにして貢献できるかという視点です。

この回答では、その点にまったく触れておらず、ビジネスの目的とは異なる印象を受けてしまう。

②趣味を重視

私の趣味は音楽です。
東京には多種多様なライブハウスがあって、田舎ではなかなか大好きなバンドのライブに行けないので、東京に上京することで、仕事終わりにライブを楽しむ生活がしたいです。

ソラくん

趣味のために上京したいという点が中心になっており、仕事よりも私生活の利益を優先しているように見えてしまう。

面接官は仕事への姿勢や意欲を見たいので、趣味を上京する理由として述べるのは好ましくないね。

③プライベートな理由

恋人が東京に住んでいるので、将来のことを考えて上京を決めました。

ソラくん

個人的な理由が仕事を選ぶ主要な動機として語られると、キャリアの決定を個人的な関係に依存しているとみなされ、職務に対する真剣さを疑われる恐れがある。

恋人との関係によって職場を選ぶということは、恋人との関係が変わった場合に仕事への影響を懸念される要因にもなり得るのでイマイチ。

④愚痴・ネガティブな意見

田舎で働いている人は皆モチベーションが低く、成長できる環境ではないと感じました。
東京では毎日刺激的で、自分を成長させることができると思ったので、上京を決意しました。

ソラくん

「成長できないと感じたから上京する」というのは自分の不満から逃避しているように聞こえ、ポジティブな理由でなく、ネガティブな理由から動いていると捉えられてしまう。

また、「東京は毎日刺激的で」という表現は理想化しすぎていると感じられ、東京での厳しい競争や生活面での課題に対する現実的な理解が不足している印象を受けてしまう。

5.回答に悩んだら転職エージェントに相談しよう!

面接でどう答えれば良いか分からないという人は、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントには大きく3つの役割があります。

  • 専門知識
    転職エージェントは、転職市場の動向や求人情報に精通しています。
    この専門的な知識を活用することで、より適切な職を見つけることができます。
  • サポート
    履歴書・職務経歴書の添削や面接対策など、多岐にわたるサポートを受けることができます。
    よって、転職活動の質を向上させることができます。
  • 交渉力
    転職エージェントは、給与や労働条件の交渉もサポートします。
    専門家のサポートにより、自身では難しい交渉もスムーズに進められます。

このように、転職エージェントの活用を怠ることは、効率的かつ適切な転職活動を行う上で大きな損失となり得ます。

また、求職者は転職エージェントを無料で利用できます。

無料でここまで多くのサポートが受けられるので、活用しない手はないでしょう。

6.まとめ:熱量が伝わる上京理由で自分をアピールしよう

今回は上京転職を進めている人向けに、面接で上京理由を聞かれた際のポイントについて解説しました。

上京理由を聞かれた際のポイント

1.長期的な計画性を伝える

2.嘘はつかない

3.「上京したい」より「入社したい」意思を伝える

4.不満やネガティブなことは言わない

企業にとって地方から上京する人を採用するのはリスクがあります。
なぜなら、「都会生活に馴染めない」というような、仕事とは関係のない理由で会社を辞めてしまう可能性があるためです。

しかし、上京転職者ならではの強みがあります。

上京転職する人は自らの意思で上京するという大きな決断をした上に、上京に対する熱量をアピールすることができれば面接を有利に進めることができます。

今回紹介したポイントや回答例を参考に、上京理由を考えてみてください。

もし良い理由が思いつかない場合は、転職エージェントに相談してみましょう。

私の経験があなたの役に立てればうれしいです。
この記事を読んだあなたの転職上京が成功することを心より応援しています。

「上空航路」では、「これから上京しようと考えている人」「上京して間もない人」に向けて私自身の上京経験をもとに、悩みを解決するためのヒントになる情報を発信しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次